子供(小学生くらい)にスマホを持たせるメリットが多くないと、なかなか手が出ませんよね。

月額が安いものが増えたと言っても、固定費ですから手痛い出費です。

 

というわけで、出費とメリットをはかりにかけやすいようにメリットを取り上げていきます。

 

スマホが子供と親にもたらすメリット

  • スマホが子守りをしてくれる(おとなしく動画を見る)
  • YouTubeなど、自分から情報を取りに行くというスタンスを学ばせることができる
  • アプリがしつけに結構有効

 

スマホの中毒性を活用することで、子育てを楽にできる面もあります。

 

ただ、

  • YouTubeを色々見ることで、色んな魅力の存在を知ってねだってくる可能性がある
  • スマホにハマって夢中になって延々使いたくなってしまう問題

などがパッと浮かびます。

 

物欲の部分は、上手く説き伏せたり、良い習慣作りのご褒美にしてあげるなどの工夫をすれば良さそうです。

 

自制の利かない子供は延々とスマホで遊んでしまいます。

ここは、スマホの機能で制限できるようになっているので安心です。

機能の詳細はコチラ月額1000円 TSUTAYAのスマホ「TONE」キッズ向け

 

子供(中学生・高校生)のスマホ所有率

  • 高校生ほぼ持ってる
  • 中学生半数以上だそう

それで言うと、小学生も全体の25%~30%くらいは持っているかも。

 

スマホの利用時間や生活習慣への影響

スマホを学びに使う子もいるし、娯楽に使う子もいる。

 

よくある意見に、

「スマホを子供に与えると延々とゲームや動画を見てダラダラ過ごすから良くない」

こういったものがありますよね。

 

ただ、これってスマホがあろうがなかろうが、言えることなんです。

スマホが無いなら無いで、テレビや漫画が代わりになるので、結局はその子自身の考え方の部分。

 

賢い子なんかは上手いこと使いこなして要領よく学習してグングン伸びていくのでは?

と思うので、スマホは子供にとって害にもなるし、魔法のアイテムにもなるといえます。

 

このあたりは各ご家庭の教育方針次第かなと思います。