格安スマホって、「安いけど手厚いサービスが無い」ってイメージが強いです。

 

そのせいで、

  • シニアの方
  • スマホ初心者
  • 面倒なことが好きではない方

などは、格安スマホを敬遠しがちな傾向があります。

 

格安スマホの中でも、無料アフターサポートが充実しているのがTSUTAYAのTONE(トーン)スマホです。


月額1000円 TSUTAYAのスマホ「TONE」

 

TONEスマホのアフターサポート

トーンスマホのアフターサポートは無料で、

  • 電話で遠隔操作によるサポート
  • TSUTAYA店舗(TONE取り扱い店舗)での対面サポート
  • 分かりやすいwebマニュアルで24時間サポート

などがあります。

 

まとめんまとめん

個人的には格安スマホにしてから困ったことはありませんが、サポートがあったほうがいいなとは思いますので魅力的です!

 

スマホの操作に慣れてから乗り換えも出来る

「いきなりまるっと乗り換えるのは不安が大きい…」

そんな場合に最適なのが、”あとから電話番号の乗り換え”

 

まずは、携帯とスマホの2台持ち。(電話がかかってくるのは携帯の方)

徐々にスマホの操作に慣れてきて、「スマホって便利だなぁ、これ1台で行けるな!」

というタイミングで電話番号をスマホの方に移すことが出来ます。

 

こういったシニアの方にありがちな不安を取り除く対応が多くあるのがTONEスマホの特徴です!

 

TONEスマホの月額は?

基本プランの月額は、1,000円(税抜)です。

格安スマホの中でもかなり安いですね。

 

この1,000円にプラスアルファで通話料(18円/30秒)などがかかります。

090の番号オプションを付ける場合、月額に+953円となります。

 

その場合でも、月額が約2,000円ほどなので、大手キャリア契約に比べたら遥かに安くなります。

 

TONEスマホってLINE使える?

スマホならばLINEはもちろん使えます。

 

ただ、格安スマホ特有の”LINEの年齢確認が出来ない”ため、それに関連してID検索が出来なかったりします。

格安スマホでありながら、LINEの年齢確認が出来るのはLINEモバイルのみです。

→ 格安スマホでLINEの年齢確認をするには?

 

年齢確認が出来なくても、QRコードなどで友だち登録は出来るので普通に使うことは出来ます。

 

TONEスマホのデメリットってある?

サポートも厚くて値段も安くて手頃なTONEスマホですが、デメリットも知っておきたいところです。

 

月額の支払いはクレジットカード払いのみ

TONEモバイルは、口座振替で支払いが出来ないためクレジットカード決済が主になります。

 

TONE専用端末は使い回しが利かない

TONE専用端末は、TONE以外のSIMカードでの動作は保証対象外となっています。

なので、TONE専用端末を買う場合はそのあたりを知っておいたほうがいいですね。

 

最低利用期間が長め

他の格安スマホの場合、最低利用期間は12ヶ月が多いです。

 

TONEスマホの場合、24ヶ月の最低利用期間があります。

この期間中に解約する場合、9,800円の違約金がかかります。

 

まとめんまとめん

デメリットと言っても、他の格安スマホと似た部分が多いです。

ただ、最低利用期間に関しては他よりも長めなので契約する前に知っておきたい部分ではありますね。


月額1000円 TSUTAYAのスマホ「TONE」